丹後半島/みのり旅館ブログ


みのり旅館から丹後の情報をお届け!
by tangominori
リンク
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のトラックバック
かなりのあつい男! 形部くん
from うおけんブログ|京都丹後 海..
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

冬の丹後ドライブ体験記 1/26

2011/1/26 京都北部(舞鶴) 最高気温3℃ 最低気温0℃ 天候雪

今日の丹後は朝から雪でした。私が朝7時に奈良に向けて出発したときは、こちらは積雪3~5cm程。奈良は西の冷たい風が吹いておりましたが、晴れ後曇りのお天気でした。

天理ICを出発したのが午後3時。

西名阪道~近畿道~中国道~舞鶴若狭自動道を通り福知山IC下車したのが午後5時。
c0117574_2362785.jpg


ここから冬の丹後のドライブ体験記のはじまりです029.gif

私が福知山ICで降りるには、2つ理由があります。
一つは高速無料化の社会実験の為この3月末まで高速料金が安いこと。
もう一つは通勤時間帯で宮津市街地の混雑を避けるためです。

福知山ICを降りると国道9号線にでます。
c0117574_2381181.jpg


ここは制限速度60kmで、高速を降りてすぐなのでついつい飛ばしてしまします。
よくネズミ捕りをしてますのでご注意を!

c0117574_23175449.jpg


国道9号線をしばらく行くと、ここら辺では一番安いというガソリンスタンドがあります。
この時点で福知山市街地には積雪はありません。

c0117574_2320719.jpg

しばらく走ると国道9号線と国道175号線の分岐点に差し掛かります。

まっすぐ行くと国道9号線鳥取方面。
(これを通って浜詰方面に行く裏道がありますが、またの機会に紹介します)

ここを右折して国道175号線に入ります。目印としては右手には、大きな風車のある喫茶店があります。


c0117574_23262249.jpg

5分程走ると国道175号線と国道176号線の分岐点を左折します。
176号線に入るなりだんだんと雪が降り出し、路面が白くなってきたので思わず4WDに切り替えました。
c0117574_23311646.jpg


ここからの与謝峠は、降雪時路面には水が出ているので、制限速度ぐらいで走れます!

c0117574_172498.jpg


少しわかりにくいですが、176号線から312号線に入る交差点。右手にジャパンが見えます。
ここを左折します。ここらへんからかなり雪が増えてきました。
もうノーマルタイヤでは危ない感じです。

c0117574_1774367.jpg

大宮町のローソンでトイレ休憩!長靴なしでは降りれません。

c0117574_17103084.jpg

京丹後市警察を過ぎて、312号線から右折、府道17号線に入る交差点。
ここでよく間違って直進してしまうことがありますのでご注意を。
目印は、正面のパチンコ屋光プラザの看板です。

峰山市街地も道路に水がでています。
市街地を過ぎて網野~最後の難関〈引原峠〉を通り、」いよいよ夕日ヶ浦温泉郷へ
c0117574_17184516.jpg


画像が悪くわかりにくいですが、引原峠の映像です。毎年降雪時には事故多発地点です。
現在ここにも水がでるようにと活動中です!

やはり日が暮れてきますと、凍結の恐れが出て参ります。時間に余裕をもって陽の明るい内にお着きになられることをおススメいたします。

降雪時の運転の秘訣は、やはりゆっくり走ること。ポンピンングブレーキをしながら、タイヤをロックさせないよう、ゆっくり減速し、目標より少し手前に止まるようにする。特に下り坂はブレーキの効き目を確かめながら、エンジンブレーキを使いながらゆっくりと走行。カーブでは、手前で減速し、カーブの中ではブレーキやアクセル操作をしないほうが望ましい。
また雪がなくても凍結している路面では、特に注意が必要です。

c0117574_17523514.jpg

無事みのり旅館到着です。
冷えた身体には温泉がとっても気持ちいいいものです。

これからお車でお越しの方、冬用タイヤやチェーンなどのご準備を整え、どうぞお気をつけてお越し下さいませ。

こちらの状況も先日、当日などにご説明いたします。お気軽にお電話下さいませ。

かに食べるならやっぱり丹後!
京都・丹後・夕日ヶ浦温泉
食の宿・みのり旅館
予約電話:0772-74-1166
WEB予約:http://www.minoriryokan.com/

[PR]

by tangominori | 2011-01-26 23:36 | 宿からのお知らせ
<< 1月のアンケート結果! 2011年 あけましておめでと... >>